産経ニュース

【国会議員所得】生活・小沢一郎代表が4年連続トップ 安倍首相は2位

ニュース 政治

記事詳細

更新

【国会議員所得】
生活・小沢一郎代表が4年連続トップ 安倍首相は2位

小沢一郎氏(川口良介撮影) 小沢一郎氏(川口良介撮影)

 平成27年分の国会議員の所得報告で与野党9党の党首の所得総額を比べると、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表が5989万円で4年連続トップとなった。安倍晋三首相(自民党総裁)は前年より268万円減らし3771万円で2位。3番手以降は、議員全体の平均額を下回った。

 小沢氏は、議員歳費を含む給与所得2667万円を報告。役員報酬や原稿料など3321万円の雑所得も届け出た。日本大学の理事であるほか、24年報告から宗教団体代表が役員に就く企業で顧問を務めている。

 首相は、歳費に首相分の給与が加わる。出演料などの雑所得が前年より490万円減少の23万円。配当所得20万円、不動産所得11万円も届けた。

 3位は公明党の山口那津男代表で、弁護士報酬97万円を含む2087万円。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は2084万円だった。

 民進党の岡田克也代表は5番手で、2008万円。共産党の志位和夫委員長が1994万円で続いた。両氏とも原稿料や出演料で100万円超の雑所得を計上した。

 以下、新党改革の荒井広幸代表が1989万円、生活の山本太郎代表が1940万円、社民党の吉田忠智党首が1922万円。最も少なかったのは、おおさか維新の会の松井一郎代表で、大阪府知事の給与1326万円を報告した。

「ニュース」のランキング