産経ニュース

北海道で戦車が公道走行 陸自訓練で5年ぶりに

ニュース 政治

記事詳細

更新


北海道で戦車が公道走行 陸自訓練で5年ぶりに

 陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)の90式戦車4両が26日夜、同市の東千歳駐屯地から苫小牧市の港までの公道約30キロを自走する訓練をした。陸自によると、道内の公道で戦車が長距離を走るのは、平成23年11月に大分県での訓練に参加するため同じ経路を走行して以来、約5年ぶり。

 戦車は27日に民間の貨物船に積まれ、釧路港へ移動。矢臼別演習場(別海町など)での訓練に参加する。出発地の駐屯地付近には、安全保障法制による自衛隊の任務拡大に反対する市民団体の約30人が集まり、抗議した。

 東千歳駐屯地周辺で約10キロの定まった経路を走行することはあるが、長距離移動の際は通常、戦車をトレーラーに載せて運んでおり、こうした訓練は珍しい。戦車が一般道を長く自走する際のノウハウを得る狙いもあるとみられる。

 戦車は1両約50トンで、金属製の無限軌道(走行ベルト)が道路を傷めないようゴム製パッドを装着し、時速20キロ前後で走行した。

「ニュース」のランキング