産経ニュース

【参院選】立候補は389人 選挙区225人 比例164人

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
立候補は389人 選挙区225人 比例164人

 安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」の是非などを問う第24回参院選が22日公示され、選挙区225人、比例代表164人の計389人が立候補を届け出た。首相は自民、公明の与党で改選過半数(61議席)の獲得を目標に掲げるのに対し、民進党など野党4党は共闘してこれに対抗。7月10日の投開票に向け、18日間の選挙戦がスタートした。

 改選となるのは選挙区73議席、比例代表48議席の計121議席。比例代表には12の政党・政治団体が届け出た。自民、公明両党など改憲勢力が、参院でも国会発議に必要な3分の2(162議席)を確保できるかどうかも焦点。

 隣接選挙区を統合する合区を「鳥取・島根」「徳島・高知」で初めて導入。選挙権年齢を「18歳以上」とする初の国政選挙で、18、19歳の約240万人が新たに有権者となった。

「ニュース」のランキング