産経ニュース

【舛添知事辞職へ】「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事辞職へ】
「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明

本会議の最後に、知事退任の挨拶をする舛添要一都知事=15日午後、東京都庁(松本健吾撮影) 本会議の最後に、知事退任の挨拶をする舛添要一都知事=15日午後、東京都庁(松本健吾撮影)

 舛添要一知事は15日、政治資金の「公私混同」問題などの責任を取り、東京都議会の川井重勇議長(自民)に辞表を提出し、本会議で21日付の辞職が全会一致で了承された。その後、舛添氏は本会議で「全て自らの不徳の致すところです」などと語り、辞職理由を説明した。

 《舛添氏はグレーのスーツにワイシャツ。ネクタイはつけていない。本会議の閉会間際、議長に発言を促されると、壇上に立った》

 「発言をお許しいただき、ありがとうございます。私自身、都議会における最後の発言となりますので、少しお時間をちょうだいさせていただければと思います」

 「平成26年2月に都知事に就任しまして以来、東京を世界一の都市とするため、私なりに全力を尽くしてまいりました。誰もが人生の豊かさを実感できる都市にしたい。少子高齢化の流れの中で、保育施設の充実や、地域包括ケアシステムの構築に取り組み、一定の成果もあったのではないかと思っております」

 「自然災害の脅威に対しましては、特に『東京防災』が好評いただき、ありがたいことでございました。そして2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会成功のため、全身全霊、取り組んできたつもりでございます」

このニュースの写真

  • 「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明
  • 「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明
  • 「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明
  • 「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明
  • 「全て自らの不徳の致すところ」「都政の停滞は耐え難い」舛添氏が辞職理由説明

「ニュース」のランキング