産経ニュース

【尖閣接続水域侵入】緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない

ニュース 政治

記事詳細

更新

【尖閣接続水域侵入】
緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない

接続水域に侵入した中国艦艇と同型のジャンカイI級フリゲート艦(防衛省提供) 接続水域に侵入した中国艦艇と同型のジャンカイI級フリゲート艦(防衛省提供)

 中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に突然侵入するという初の事態に、9日未明の日本政府はかつてない緊張に包まれた。

不測の事態ありうる

 9日午前1時ごろ、都内の議員宿舎で就寝していた官房長官の菅義偉(すがよしひで)は、携帯電話の着信音でたたき起こされた。電話口の秘書官が告げた。

 「接続水域に入域…」

 菅は眠気が一気に覚めた。万が一、領海に侵入すれば、不測の事態もありうる。戦後日本が経験したことのない重大危機に直面するかもしれない-。携帯電話を握る手に思わず力が入った。

 この10分前の午前0時50分、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が久場島北東の接続水域に入った。海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」がキャッチした一報は、防衛省を通じてシンガポール滞在中の防衛相、中谷元(げん)に直ちに伝えられた。中谷は情報収集を徹底し、警戒監視を強化するよう指示を飛ばした。

 これに先立つ8日夜、海自護衛艦「はたかぜ」は東シナ海を北上するロシア海軍の艦艇3隻を監視下に入れていた。午後9時50分、艦隊は久場島と大正島間の接続水域に入った。これは想定通りの航路だった。

このニュースの写真

  • 緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない
  • 緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない
  • 緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない
  • 緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない

「ニュース」のランキング