産経ニュース

【舛添氏追及・都議会一般質問】追及?助け舟? 自民都議 チクハグ「百条委員会」設置には後ろ向き

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添氏追及・都議会一般質問】
追及?助け舟? 自民都議 チクハグ「百条委員会」設置には後ろ向き

舛添要一東京都知事に質問する自民党の堀宏道氏=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影) 舛添要一東京都知事に質問する自民党の堀宏道氏=8日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)

 「政治家なら出処進退でしょう」「我慢の限界だ」-。東京都の舛添要一知事に対し、8日の都議会一般質問では、知事選で舛添氏を推した自民、公明が強い言葉で知事を非難した。「厳しい批判をいただいたが、生まれ変わったつもりで…」とかわし続ける舛添氏に業を煮やした格好だが、自民は責任追及の“切り札”となる「百条委員会」の設置には後ろ向きだ。参院選を控えた党利党略も見え隠れし、傍聴者からは「知事を支持するのか、見限るのか。本音が見えない」と不満が漏れた。

 「知事は罪悪感を感じているのか。身を切る覚悟が必要だ」。一般質問の先陣を切った自民の来代勝彦都議はそう切り出した。

 7日の代表質問では、自民の神林茂都議が「身を切る決断が必要だ」とまったく同じ指摘をしたが、舛添氏は「不退転の覚悟で邁進(まいしん)していく」と述べるにとどまり、事実上の“ゼロ回答”となった。

 「身を切る決断」は給与返上などでも示せるため、“助け舟”になりかねない言葉だったが、舛添氏はこの日も「自らを戒めることを道義的責任の第一歩としたい」と回答し、身を切る姿勢は見せなかった。

 その後、自民は追及を強める。堀宏道都議は「苦言を呈する最後の機会になるかもしれない」と前置きし、「賢明な判断を示していただきたい」。木村基成都議は「早急に結論を出してほしい。政治家だったら出処進退でしょう」、山内晃都議は「我慢の限界だ」と声を荒らげた。

このニュースの写真

  • 追及?助け舟? 自民都議 チクハグ「百条委員会」設置には後ろ向き
  • 追及?助け舟? 自民都議 チクハグ「百条委員会」設置には後ろ向き
  • 追及?助け舟? 自民都議 チクハグ「百条委員会」設置には後ろ向き

「ニュース」のランキング