産経ニュース

図柄ナンバープレートを拡大 東京五輪に続いてラグビーW杯、ご当地デザインも

ニュース 政治

記事詳細

更新


図柄ナンバープレートを拡大 東京五輪に続いてラグビーW杯、ご当地デザインも

自動車の図柄入りナンバープレートの拡大を発表する石井啓一国交相=2016年5月20日朝、国会内 自動車の図柄入りナンバープレートの拡大を発表する石井啓一国交相=2016年5月20日朝、国会内

 国土交通省は20日、2019年開催のラグビーワールドカップ(W杯)にちなんだ図柄入りの自動車のナンバープレートを、来年度から希望者に交付すると発表した。東京五輪・パラリンピックのエンブレム入りナンバーも来年秋から交付する。両大会に向けた機運を盛り上げるとともに、寄付金を募って公共交通のバリアフリー化などに役立てる。

 また18年秋には、地方版の図柄入りナンバーも始める。いずれも事業用の軽を除く自動車が対象で、寄付金付きと寄付金なしの2種類を作成する。

 地方版は、ナンバーに地域名が表示されている116地域のうち、希望地域で実施。同省によると、これまでに、鹿児島県奄美市から砂浜を描いたデザインの希望が出ているという。

 図柄入りナンバーは欧米で多い。国内では07年からミニバイクのご当地デザインナンバーが始まったが、車では行っていなかった。

 同省は五輪仕様のナンバーを昨年度から交付予定だったが、エンブレムの盗用疑惑で大幅に遅れた。

このニュースの写真

  • 図柄ナンバープレートを拡大 東京五輪に続いてラグビーW杯、ご当地デザインも

「ニュース」のランキング