産経ニュース

難病男性に衆院委員長謝罪 国会拒否問題で改善約束

ニュース 政治

記事詳細

更新


難病男性に衆院委員長謝罪 国会拒否問題で改善約束

 難病の男性が衆院厚生労働委員会の参考人質疑出席を拒否された問題で、渡辺博道委員長(自民)は16日、国会内で男性と面談し、謝罪した。参院では出席できるよう働き掛けると説明した。

 男性は、徐々に全身の筋肉が動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の岡部宏生さん(58)。この日午後、ヘルパーらと国会を訪ね、参院での障害者支援の法案審議では参考人として呼んでほしいと渡辺氏に求めた。岡部さんによると、渡辺氏は「参考人として呼べず陳謝します」と述べた。渡辺氏は今後の対応改善を約束し、参院厚労委員長に対し参考人出席を実現するよう伝える考えを示したという。

 岡部さんは人工呼吸器をつけ声は出せないが、口や目の動きを読み取る「通訳」のヘルパーがいれば意思疎通できる。10日の厚労委に民進党が招こうとしたが、自民党が「やりとりに時間がかかる」と難色を示し、出席できなかった。

「ニュース」のランキング