産経ニュース

【防衛最前線(69)】意外!? 熊本地震で“先鋒”を務めたのは空自のF2戦闘機だった

ニュース 政治

記事詳細

更新

【防衛最前線(69)】
意外!? 熊本地震で“先鋒”を務めたのは空自のF2戦闘機だった

20mm機関砲、空対艦ミサイル、空対空赤外線ミサイル、空対空レーダーミサイルなどを備えるF2戦闘機(航空自衛隊提供) 20mm機関砲、空対艦ミサイル、空対空赤外線ミサイル、空対空レーダーミサイルなどを備えるF2戦闘機(航空自衛隊提供)

 熊本県で発生した大地震で、自衛隊の“先鋒(せんぽう)”を務めたのはF2戦闘機だった。防衛省によると、航空自衛隊の築城基地(福岡県)から2機のF2が飛び立ったのは同日の午後9時47分。震災発生から21分後の緊急発進だった。その後、陸上自衛隊の初動対処部隊「ファストフォース」や輸送ヘリなどが現地に向けて派遣されている。

 災害支援には関係のないようにも思える戦闘機だが、被災状況をいち早く確認する上では絶大な威力を発揮する。

 空自の各基地ではF2をはじめ、F15、F4といった戦闘機が、命令から5分以内で発進できる態勢を維持している。本来は日本の領空に接近する所属不明機に備えた措置だが、大規模災害時には任務を変更。情報収集の先駆けとして急派される。

 空自幹部は「広いエリアの被害状況を短時間で把握するには、機動性の高い戦闘機が最も効果的だ」と説明する。

 パイロットは被災地上空をできるだけ低速で飛行し、目視で地上を確認。津波被害の有無や家屋の倒壊、山崩れ、原発施設の状況などを無線で送る。これを基に、後続の地上部隊やヘリ部隊が現地に向かい、本格的な支援活動に当たる。

 ただ、熊本地震での緊急発進は夜間だった。目視での状況確認の効果は限定的にも感じるが、空自幹部は否定する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 意外!? 熊本地震で“先鋒”を務めたのは空自のF2戦闘機だった
  • 意外!? 熊本地震で“先鋒”を務めたのは空自のF2戦闘機だった
  • 意外!? 熊本地震で“先鋒”を務めたのは空自のF2戦闘機だった

「ニュース」のランキング