産経ニュース

小林節氏の「国民の怒りの声」設立 野党各党、政権批判票分散に懸念

ニュース 政治

記事詳細

更新


小林節氏の「国民の怒りの声」設立 野党各党、政権批判票分散に懸念

新政治団体「国民怒りの声」の設立を表明した小林節氏 新政治団体「国民怒りの声」の設立を表明した小林節氏

 憲法学者の小林節氏が夏の参院選比例代表に向けて政治団体「国民怒りの声」の設立を表明したことに対し、同じく安全保障関連法廃止や安倍晋三政権打倒を目指す野党各党からは10日、票が割れることへの懸念が相次いだ。

 民進党の安住淳国対委員長は記者会見で「選挙が近づくと、いろんな人がうごめく」と批判的に指摘した。参院選の1人区で「野党統一候補」の動きが共産党などとの間で進んでいることを挙げ、「それに大きな影響を与えるものでは全くない」と切り捨てた。

 小川敏夫参院幹事長は会見で「バラバラに票が散ってしまうことはないか」と懸念を示した。参院選比例で各党が1議席を獲得する目安は100万票とされる。民進、共産、社民、生活の各党は1人区で候補者の一本化を進める一方、比例では競合する。

「ニュース」のランキング