産経ニュース

【朝鮮大学校 60年の闇(下)】非公然組織メンバー育成 あらがえない宿命に悲哀

ニュース 政治

記事詳細

更新

【朝鮮大学校 60年の闇(下)】
非公然組織メンバー育成 あらがえない宿命に悲哀

朝鮮大学校の創立60周年記念同窓会会報=25日、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影) 朝鮮大学校の創立60周年記念同窓会会報=25日、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)

 朝鮮大学校文学部(現文学歴史学部)を卒業した男性は当時の校内に存在する奇妙な集団に気づいた。

 彼らは週に3、4回、放課後になると決まって姿を消す。全寮制で寝食をともにする仲間の不審な行動に興味がわいた。

 「お前たちは一体何をやっているんだ」

 「言えない」

 学費・寮費を免除されている「給費生」や、思想・出身成分に優れた「熱誠者」に限って隠密行動が目立つ。

 やがて男性は、彼らが空手やテコンドーの厳しい訓練に明け暮れていることを知る。女性の在校生もいた。

 「組織を守るためだ」

 メンバーの一人が存在理由について絞り出すように放った一言が今でも忘れられない。

■ ■ ■

 実は、こうした非公然組織は同大内にいくつもある。

 北朝鮮の朝鮮労働党に直結する組織として、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の各組織を支配下に置いた「学習組」も存在した。複数の組織・集団が重なり合っていることも多い。

 実際に男性の証言を裏付ける事件があった。今年2月、同大の元経営学部副学部長が詐欺容疑で警視庁公安部に逮捕された。公安当局は北朝鮮から直接指令を受けた元副学部長が韓国での工作活動に関わったとみて事件化に踏み切ったが、東京地検は起訴猶予とした。

続きを読む

関連ニュース

【朝鮮大学校 60年の闇 第2部(上)】小池都知事、朝鮮大学校認可取り消し視野 美濃部亮吉氏が政府無視、強引に認可

「ニュース」のランキング