産経ニュース

おおさか維新が乙武氏に出馬打診 本人固辞、自民見送り後

ニュース 政治

記事詳細

更新


おおさか維新が乙武氏に出馬打診 本人固辞、自民見送り後

おおさか維新の会からの出馬打診を固辞していたことが分かった乙武洋匡氏 おおさか維新の会からの出馬打診を固辞していたことが分かった乙武洋匡氏

 おおさか維新の会が4月、「五体不満足」の著者で作家の乙武洋匡氏(40)に夏の参院選東京選挙区(改選数6)での出馬を打診し、固辞されていたことが2日、同党関係者への取材で分かった。自民党も乙武氏の擁立を検討したが、週刊新潮で不倫問題を報じられ見送りを決めた経緯がある。おおさか維新の働き掛けはその後だった。

 党関係者によると、大阪を本拠とするおおさか維新は参院選での党勢拡大を狙い、首都圏に擁立する目玉候補を模索。「乙武氏は知名度が高く、比例票の上積みも見込める」(同党幹部)として出馬を打診した。

 党内では乙武氏を擁立すれば、かえって世論の反発を招きかねないと懸念する声もあったが、松井一郎代表らが「不倫問題で、これまでの活動や実績が否定されたわけではない」と判断した。周辺によると、乙武氏はおおさか維新に対し「出馬は考えられない」と4月中に返答したという。

「ニュース」のランキング