産経ニュース

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】「私への憎悪をあおられた」元朝日記者、植村氏の意見陳述(要旨)

ニュース 政治

記事詳細

更新

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】
「私への憎悪をあおられた」元朝日記者、植村氏の意見陳述(要旨)

 「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などの指摘で名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏がジャーナリストの櫻井よしこ氏と新潮社などを相手に損害賠償などを求めた22日の第1回口頭弁論で、植村氏が行った意見陳述の主な内容は以下の通り(記者会見で植村氏が配布した資料に基づく)。

 ≪「殺人予告」の恐怖≫

 裁判長、裁判官のみなさま、法廷にいらっしゃるすべのみなさま。知っていただきたいことがあります。17歳の娘を持つ親の元に、「娘を殺す、絶対に殺す」という脅迫状が届いたら、毎日、毎日、どんな思いで暮らさなければならないかということです。そのことを考えるたびに、千枚通しで胸を刺されるような痛みを感じ、悔し涙がこぼれてきます。

 私は2015年2月2日、北星学園大学の事務局から、「学長宛に脅迫状が送られてきた」という連絡を受けました。脅迫状はこういう書き出しでした。

 「貴殿らは、我々の度重なる警告にも関わらず、国賊である植村隆の雇用継続を決定した。この決定は、国賊である植村隆による悪辣な捏造行為を肯定するだけでなく、南朝鮮をはじめとする反日勢力の走狗と成り果てたことを意味するものである」

続きを読む

「ニュース」のランキング