産経ニュース

安倍首相、「真榊」奉納 靖国神社、春季例大祭 中韓やサミット開催で配慮

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍首相、「真榊」奉納 靖国神社、春季例大祭 中韓やサミット開催で配慮

東京・靖国神社の春季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 安倍晋三」名で奉納された供物「真榊」=21日午前 東京・靖国神社の春季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 安倍晋三」名で奉納された供物「真榊」=21日午前

 安倍晋三首相は21日午前、東京・九段北の靖国神社で始まった春季例大祭に合わせて、「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。昨年10月の秋季例大祭と同じく「内閣総理大臣 安倍晋三」名だった。首相は春季例大祭期間中(23日まで)の参拝は見送る。

 昨年末の慰安婦問題に関する日韓合意の履行を進める韓国や、中国との関係改善とともに、5月26、27両日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)開催などに配慮した。

 首相は平成24年12月の第2次政権発足後、春季・秋季例大祭はいずれも真榊を奉納。25年12月には靖国神社を参拝した。大島理森衆院議長や山崎正昭参院議長らも真榊を納めた。

「ニュース」のランキング