産経ニュース

菅官房長官「首相自身が適切に判断されること」 靖国神社の春季例大祭参拝

ニュース 政治

記事詳細

更新


菅官房長官「首相自身が適切に判断されること」 靖国神社の春季例大祭参拝

 菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、東京・九段北の靖国神社で21日から始まる春季例大祭に合わせた安倍晋三首相の参拝について「首相が適切に判断される事柄であり、私から申し上げることではない」と述べた。首相は昨年の秋季例大祭で参拝を見送り、「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納している。

 また、菅氏本人の参拝については「私についても同様だ」とした。

 一方、加藤勝信1億総活躍担当相は記者会見で「状況の中で、これまでも判断してきている」と参拝に含みを残した。加藤氏は昨年の秋季例大祭に参拝している。同時に「これまで(参拝に)行くとか、行かないとか言ったことはない」と述べ、事前に明らかにする考えはないと説明した。

 また、中谷元(げん)防衛相は記者会見で、自身の参拝に関し「春季例大祭に参加する考え、予定はない」と明言した。閣僚の参拝については「それぞれの閣僚が判断することだ」と述べた。

「ニュース」のランキング