産経ニュース

【衆院北海道5区補選】熊本地震は与野党一騎打ちの接戦にどう影響するか? 与党は旧民主党政権との違いを強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院北海道5区補選】
熊本地震は与野党一騎打ちの接戦にどう影響するか? 与党は旧民主党政権との違いを強調

衆院北海道5区補選で野党が推薦する候補に「日本共産党」のロゴ入りメガホンで声援を送る支援者ら=12日午後、札幌市厚別区(清宮真一撮影) 衆院北海道5区補選で野党が推薦する候補に「日本共産党」のロゴ入りメガホンで声援を送る支援者ら=12日午後、札幌市厚別区(清宮真一撮影)

 衆院北海道5区補欠選挙(24日投開票)で、安倍晋三首相(自民党総裁)は17日、熊本地震の対応に専念するため、与党候補の応援で予定していた現地入りを断念した。対立候補を支援する共産党幹部も現地応援を中止。震災が与野党一騎打ちの接戦にどう影響するか、両陣営は手探りの選挙戦を続けている。

首相、現地入り断念

 「選挙は大事だが、今は迅速に政府を挙げて人命救助なりライフラインを確保することが大きい。非常に残念だが、やむを得ない」

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日、首相が補選より地震対応を優先させたことについて、こう記者団に説明し、理解を求めた。

 首相は17日、石狩市など5カ所で、自民党公認の和田義明氏の応援演説を行う予定だったが、16日未明の地震による被害拡大を受けて断念。当初予定していた石破茂地方創生担当相と下村博文前文部科学相は現地を回ったが、想定外の選挙サンデーとなった。

「ニュース」のランキング