産経ニュース

【山尾志桜里氏・疑惑釈明会見詳報(4・完)】反省の言葉がないと指摘され「猛省しています」 甘利氏の疑惑とは「違うとしか言いようがない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【山尾志桜里氏・疑惑釈明会見詳報(4・完)】
反省の言葉がないと指摘され「猛省しています」 甘利氏の疑惑とは「違うとしか言いようがない」

事務所経費などをめぐり、記者会見する民進党の山尾政調会長=6日午後、国会 事務所経費などをめぐり、記者会見する民進党の山尾政調会長=6日午後、国会

【質疑応答】

 --検事出身だが、検事の目で見て自身は「クロ」か、「シロ」か

 「クロ、シロと軽々に言うような話ではないと思うが、しっかりと弁護士と相談もしながら必要な法的措置があれば、それをとるつもりだ」

 --進退について考えは

 「しっかりと事務所の態勢を整えて、専門家の助力も仰ぎながら、私としてはこれからも精いっぱい国民の皆さんの期待に応えるように頑張っていきたい」

 --突出してレシートが多いということだが、当時は気づかなかったのか。監督責任について、どう思うか。政調会長の任は続けるのか

 「監督が不十分だったことを反省をし、事務所の態勢を整えて専門家の助力もあおぎながら、こういったことがないようにやっていきたい。2点目のご質問だが、国会議員として政調会長として国民の期待に応えられるように精いっぱい頑張りたいと思っている」

 --秘書本人からなぜ事情を聴かなかったのか。今後、本人から事情を聴く機会は

 「その点については弁護士に相談もして、やはり法的問題が生じる可能性があるので、直接、私やスタッフが当該の方と接触するのは好ましくないと弁護士から助言も受けた。これから事実の解明については、いずれにしてもこういう問題なので、弁護士を通じてしかるべくということだと思う」

「ニュース」のランキング