産経ニュース

政府、訪日外国人目標を一気に倍増 2020年=4000万人、2030年=6000万人

ニュース 政治

記事詳細

更新


政府、訪日外国人目標を一気に倍増 2020年=4000万人、2030年=6000万人

明日の日本を支える観光ビジョン構想会議を終え、報道陣に説明する石井啓一国交相=3月30日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 明日の日本を支える観光ビジョン構想会議を終え、報道陣に説明する石井啓一国交相=3月30日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 政府は30日、訪日外国人観光客の拡大に向けた具体策をまとめる「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、訪日外国人観光客数の目標人数を倍増させ、平成32(2020)年に4千万人、42(2030)年に6千万人とすることを決めた。首相が掲げる名目国内総生産(GDP)600兆円の達成に向け、観光施策をその起爆剤にしたい考えだ。

 訪日外国人観光客数は昨年、1974万人に達しており、32年目標の2千万人の前倒し達成は確実な情勢だった。首相は会議で「観光は成長戦略の大きな柱の一つであり、地方創生の切り札だ。世界が訪れたくなる日本を目指し、観光先進国という新たな高みを実現していく」と述べた。

 新たな目標人数達成に向けた施策として、政府が重視する20カ国・地域のうち現在もビザが必要な中国、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアの5カ国の発給条件緩和を加速させる。全国200カ所の文化財を対象に修繕や多言語解説の導入などを支援し、保全重視から観光活用へ転換を促す。大型国際会議の誘致や観光の人材育成なども進め、訪日外国人の旅行消費額を現在の3兆5千億円から32年に8兆円、42年に15兆円を目指す。

関連ニュース

春節「爆買い」訪日ラッシュはや号砲 中国LCCほぼ満席…運賃8000円、なんと20万円に

「ニュース」のランキング