産経ニュース

大分県議が年6万キロ走行、燃料代245万円を計上 政務活動費、監査請求へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


大分県議が年6万キロ走行、燃料代245万円を計上 政務活動費、監査請求へ

 大分県議の毛利正徳氏(自民)が2014年度政務活動費の調査旅費として、車で約6万6千キロを走行したと報告、燃料代約245万円を計上していたことが14日、おおいた市民オンブズマンの調査で分かった。地球を1周半以上した計算で、オンブズマンは「実態に基づかない申請の疑いがある」として、調査旅費の返還を求めて住民監査請求する方針。

 毛利氏はこれまでの取材に「視察で利用した。釈明することはない」と話していた。

 県議会がオンブズマンに開示した政務活動費の支払証明書によると、毛利氏は10年度に約3万3千キロ分の旅費を計上。その後、毎年度、距離が伸び、13年度は5万キロ余りを申請していた。

 大分県議会の政務活動費は1人当たり月30万円。会派ごとに交付し、残れば返還する。車の燃料代は1キロ37円で計算し、領収書を添付する必要はない。

関連ニュース

田母神氏の資金管理団体、残高ゼロ 政治活動以外に5000万円超 ずさん過ぎる資金管理 順法意識も乏しく

「ニュース」のランキング