産経ニュース

【衆院予算委】安倍首相が報道萎縮問題に猛反論 「過去に隠し子がいると断定された」「事実と違う報道は訂正してもらわねば」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
安倍首相が報道萎縮問題に猛反論 「過去に隠し子がいると断定された」「事実と違う報道は訂正してもらわねば」

衆院予算委員会で質問に答える安倍晋三首相=29日午前、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で質問に答える安倍晋三首相=29日午前、衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 「週刊誌に、隠し子がいると断定されたことがある」-。安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、自身が過去に週刊誌に“嘘”を書かれたと主張し、誤った報道に訂正を求めるのは政府・与党であっても当然との考えを示した。民主党の奥野総一郎氏の質問に答えた。

 奥野氏は、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に電波停止を命じる可能性に触れた高市早苗総務相や首相の発言を追及。有名キャスター降板と官邸の意向が関連しているのでは、とした週刊誌記事などを例示し、「首相自身の発言が報道の萎縮を招かないか」などと問いただした。

 これに対し、首相は「報道も間違えることもあるし、事実と違うことを報道することもある。そのときは訂正していただかなければならない」と説明し、冒頭の発言につなげた。

「ニュース」のランキング