産経ニュース

朝日が「遺憾」申し入れた外務審議官発言、岸田外相「問題ない」 「従来説明してきた立場」

ニュース 政治

記事詳細

更新


朝日が「遺憾」申し入れた外務審議官発言、岸田外相「問題ない」 「従来説明してきた立場」

岸田文雄外相 岸田文雄外相

 岸田文雄外相は23日の記者会見で、国連女子差別撤廃委員会での慰安婦問題に関する外務省の杉山晋輔外務審議官による発言に対し、朝日新聞が「遺憾である」と申し入れたことについて問題はないとの認識を示した。岸田氏は「発言の中身は従来わが国がさまざまな場で表明し説明してきた立場や内容だ。まったく新しいことは含まれていない。発言については問題がなかった」と述べた。

 また、杉山氏の発言は「委員会から質問を受けたから答えたものだ。今後も内容については変わりはない」と説明した。

関連ニュース

【歴史戦 第15部 日韓合意の波紋(上)】国連委発言の2日後に「遺憾」報じた朝日新聞 慰安婦誤報 自社への言及には触れず

「ニュース」のランキング