産経ニュース

【産経・FNN世論調査】世論調査 主な質問と回答(2月)

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経・FNN世論調査】
世論調査 主な質問と回答(2月)

【問】安倍晋三内閣を支持するか

支持する48.1(48.5)  支持しない41.4(40.1)

他10.5(11.4)

【問】どの政党を支持するか

自民党37.8(35.5)  民主党9.7(8.4)

公明党4.5(5.8)  共産党4.7(5.3)

維新の党1.4(1.6)

おおさか維新の会4.0(5.3)

改革結集の会0(0) 社民党1.5(1.0)

生活の党と山本太郎となかまたち0.8(0.7)

日本のこころを大切にする党0.5(0.2)

新党改革0.1(0) その他の政党0.7(0.5)

支持政党なし33.8(35.5) 他0.5(0.2)

【問】安倍政権で次に挙げるものを評価するか

《首相の人柄》

評価する58.9(58.5)   評価しない33.6(33.4)

他7.5(8.1)

《首相の指導力》

評価する53.5(56.5)   評価しない38.0(35.1)

他8.5(8.4)

《景気・経済対策》

評価する30.9(35.5)   評価しない59.6(54.5)

他9.5(10.0)

《社会保障政策》

評価する27.4(25.8)   評価しない60.7(63.5)

他11.9(10.7)

《外交・安全保障政策》

評価する47.3(46.4)   評価しない43.3(43.6)

他9.4(10.0)

【問】安倍内閣のもとで景気の回復を実感しているか

実感している15.8  実感していない79.1  他5.1

【問】日銀が初めて導入した「マイナス金利政策」で、景気の好循環を期待できるか

期待できる17.3  期待できない66.3    他16.4

【問】北朝鮮が核実験と長距離弾道ミサイルの発射を強行した。どの程度脅威を感じるか

強く感じる42.7   あまり感じない10.7

ある程度感じる42.9 まったく感じない3.2

他0.5

【問】日本政府が、北朝鮮に対する独自制裁の強化を決めたことについて

評価する76.4   評価しない18.3     他5.3

【問】今年夏の参院選について、仮に今投票するとしたら比例代表ではどの政党に投票したいか

自民党40.5  民主党14.3  公明党5.2

共産党6.8  維新の党2.1

おおさか維新の会5.6 改革結集の会0

社民党1.5 生活の党と山本太郎となかまたち1.6

日本のこころを大切にする党0.6

新党改革0.3   その他の政党8.7    他12.8

【問】今年夏の参院選について

《参院選の結果、自民党と公明党の与党が参院で過半数の議席を維持するほうがよいと思うか》

思う51.9     思わない41.3      他6.8

《参院選と同日に衆院選を行ってもよいと思うか》

思う52.5     思わない39.3      他8.2

《参院選の結果、憲法改正を目指す勢力が参院で憲法改正の発議が可能となる3分の2以上の議席を確保するほうがよいと思うか》

思う40.9     思わない49.8      他9.3

《参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる見通しだ。若い世代の政治参加について》

期待する60.6   期待しない36.8     他2.6

【問】今年夏の参院選で投票する政党や候補を決める際、次に挙げることを判断材料にしようと思うか

《集団的自衛権行使を限定的に認める安保関連法の制定》

思う65.3     思わない27.7      他7.0

《憲法改正》

思う68.7     思わない25.8      他5.5

《環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)》

思う61.0     思わない28.9      他10.1

《来年4月の消費税率10%への引き上げ》

思う64.5     思わない32.8      他2.7

《閣僚や所属議員の失言やスキャンダル》

思う54.3     思わない41.8      他3.9

《宮崎謙介衆院議員が不倫を認め、議員辞職したこと》

思う41.0    思わない56.0      他3.0

【問】夏の参院選に向けた野党の協力関係について

《民主党と維新の党が1つの政党になることに期待するか》

期待する32.5   期待しない63.1     他4.4

《参院選の選挙区で民主党や共産党などの野党はできるだけ候補を統一したほうがよいと思うか》

思う52.7     思わない37.9      他9.4

【問】閣僚や与党議員の発言や資質について

《甘利明前経済再生担当相が自身や秘書の金銭授受や補償交渉の口利き疑惑で閣僚を辞任したこと》

辞任は当然だ67.2    辞める必要はなかった29.5

他3.3

《福島第1原発事故後に国が定めた除染の長期目標について「何の科学的根拠もない」などと発言し、発言撤回した丸川珠代環境相は閣僚にふさわしいと思うか》

思う18.4    思わない70.7      他10.9

《国会議員として育児休暇の取得を宣言していた宮崎謙介衆院議員が妻の妊娠中の不倫を認め、辞職した。女性問題で議員辞職したこと》

辞職は当然だ78.0  辞める必要はなかった18.8

他3.2

《自民党の丸山和也参院議員が「今、アメリカでは黒人が大統領になっている。奴隷ですよ」などと発言した。議員辞職に値すると思うか》

思う56.8     思わない36.8      他6.4

【問】政治や社会情勢に関して

《現在の憲法は今の時代に合っていると思うか》

思う33.2     思わない54.9      他11.9

《来年4月からの消費税率10%への引き上げ》

賛成35.2     反対60.7        他4.1

《日本が移民や難民を大規模に受け入れること》

賛成20.2     反対68.9        他10.9

(注)数字は%。カッコ内の数字は前回1月23、24両日の調査結果。「他」は「わからない」「言えない」など。

■世論調査の方法

 調査エリアごとの性別・年齢構成に合わせ、電話番号を無作為に発生させるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で電話をかけ、算出した回答数が得られるまで調査を行った。調査対象は全国の成年男女1000人

「ニュース」のランキング