産経ニュース

【京都3区補選】自民不戦敗も…宮崎議員辞職、逆風で「北海道に集中」 民・維は連携、共産を排除

ニュース 政治

記事詳細

更新

【京都3区補選】
自民不戦敗も…宮崎議員辞職、逆風で「北海道に集中」 民・維は連携、共産を排除

衆院本会議で議員辞職を許可され一礼し退席する自民党の宮崎謙介氏(中央)=16日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で議員辞職を許可され一礼し退席する自民党の宮崎謙介氏(中央)=16日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 ただ、今回の辞職理由が世論の反発を受けやすい不倫だったことも踏まえ、党執行部では擁立見送り論が大勢を占めている。党幹部は「京都で敗北すれば、同時に行う北海道補選で勝利しても『1勝1敗』の図式になり、参院選への良い流れを作れない」と懸念している。

 衆院京都5区選出でもある谷垣禎一幹事長は16日の記者会見で「京都だけの状況を見ればいいわけではない」と言及。党北海道連会長を務める伊達忠一参院幹事長も記者会見で「ダブルでうちの候補が出ると力が二分する。できれば力を集中して(北海道で)当選させてほしい」と難色を示した。

 見送りムードは公明党にも広がる。山口那津男代表は16日の記者会見で、京都補選をめぐる自民党の対応について「謙虚な気持ちで襟を正しどうするか決めてほしい」と述べ、擁立を慎重に検討するよう求めた。

 山口氏の念頭には、支持母体の創価学会婦人部を中心に、不倫を認めた宮崎氏への反発が根強いこともある。仮に自民党が候補を擁立しても、推薦には後ろ向きだ。党幹部は「負け戦で学会に応援は頼めない」とこぼす。

 公明党は自主投票となる公算が大きいが、「民主党や共産党に議席を渡せない」(公明党関係者)との思惑から、おおさか維新の会の候補になびく可能性もありそうだ。

関連トピックス

「ニュース」のランキング