産経ニュース

【普天間移設】作業妨害のためゲート前にコンクリブロック1500個 威力業務妨害容疑で押収

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
作業妨害のためゲート前にコンクリブロック1500個 威力業務妨害容疑で押収

キャンプ・シュワブのゲート前に残されたコンクリートブロック キャンプ・シュワブのゲート前に残されたコンクリートブロック

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる同県名護市辺野古近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前で先月、移設反対派がコンクリートブロックを積む事件があり、沖縄県警が威力業務妨害容疑で約1500個のブロックを押収したことが13日、分かった。ブロックは移設阻止の支援金を募る「辺野古基金」の配分を受けた団体が調達しており、県警は資金の流れの解明を進める。

 捜査関係者によると、ブロックは1月22日頃からゲート前に積まれ、移設作業に関係する工事車両の出入りが妨害された。県警は同月30日、威力業務妨害容疑で捜索差し押さえ令状を執行し、約1500個のブロックを押収した。

 令状ではゲート前の反対運動を統率する沖縄平和運動センターの山城博治議長を容疑者としている。

 ブロックを調達したのは「ヘリ基地反対協議会」。辺野古移設阻止を掲げ、辺野古の海岸で座り込みなどの抗議活動を行っている。

関連ニュース

【普天間移設】沖縄・八重山日報編集長が沖縄2紙を痛烈批判 「移設が道徳悪だと言わんばかり」

「ニュース」のランキング