産経ニュース

【衆院予算委】共産党チラシ、またまた「デマ」攻撃にさらされる おおさか維新が追及、馳文科相も「二度としないで」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
共産党チラシ、またまた「デマ」攻撃にさらされる おおさか維新が追及、馳文科相も「二度としないで」

 衆院予算委員会で10日、安倍晋三政権が国立大学の年間授業料を今後15年間で約40万円引き上げるとした共産党のチラシについて、またもや「デマ」批判が炸裂(さくれつ)した。

 おおさか維新の会の足立康史氏は、金額の根拠が「財政審で示された方針にもとづいた試算」とされている点について、「採用されなかった考えに基づいている。これで共産党は若者を惑わせる署名活動を続けるという。共産党のデマがかすむような力強い答弁を」と馳浩文部科学相に迫った。

 馳氏は「議論があったのは事実だが、昨年11月には消えた数字だ。それをもとにこうした広報をされるのは遺憾だ。文科省としても周知する。(共産党には)二度とないように求めたい」と応じた。

 チラシは3日の衆院予算委員会で公明党の石田祝稔政調会長が取り上げ、首相は「全くデマだ。選挙を前にして極めて惑わせるチラシだ。公党として訂正してほしい」と反論し、共産党がチラシを一部修正した経緯がある。

関連ニュース

【衆院予算委】岩城法相、またオロオロ 安倍首相は過保護? 答弁を代行

「ニュース」のランキング