産経ニュース

高市総務相「放送法違反続けば電波停止の可能性も」

ニュース 政治

記事詳細

更新


高市総務相「放送法違反続けば電波停止の可能性も」

 高市早苗総務相は8日の衆院予算委員会で、放送局が「政治的に公平であること」と定めた放送法の違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した。電波停止に関し「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できない。将来にわたり可能性が全くないとは言えない」と述べた。

 民主党の奥野総一郎氏の質問に答えた。高市氏は、放送法について「単なる倫理規定ではなく法規範性を持つ。私が在任中に(命令を)出すとは思えないが、事実に照らして、その時の総務相が判断する」とも指摘した。

 一方、石原伸晃経済再生担当相は、金銭授受問題で辞任した前任の甘利明氏からの引き継ぎは、電話で20分程度だったと述べた。「甘利氏からは、『困ったことがあったらいつでも相談に乗る』との温かい言葉もいただいた」と説明した。

 維新の党の高井崇志氏は「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は甘利氏しか知らないこともある」と追及。石原氏は「担当者は甘利氏に限らず、首席交渉官をはじめ担務ごとにいる」と反論した。

関連ニュース

古舘、岸井、国谷キャスターも… テレビ報道の顔交代 「公正」注文で及び腰?

「ニュース」のランキング