産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】保守系団体が「重大過失」と批判 都内で集会

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
保守系団体が「重大過失」と批判 都内で集会

保守系市民団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」が開いた集会で慰安婦問題について話す、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表=7日午後、東京都千代田区 保守系市民団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」が開いた集会で慰安婦問題について話す、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表=7日午後、東京都千代田区

 日韓両政府による昨年末の慰安婦問題合意を受け、保守系市民団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」が7日、東京都内で集会を開いた。同委員会の水島総幹事長は「(旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の)河野洋平官房長官談話と比較にならないほど国家的な重大過失だ」と合意を批判した。

 水島氏は「『慰安婦は性奴隷だった』といった韓国の主張を日本政府が公式に追認したと理解されても仕方ない。海外の報道機関でもそのように報道されている」と指摘。安倍晋三首相が韓国側に伝えた「心からのおわびと反省」は何に対するものなのかなどについて、説明を求める首相宛ての要望書を、参加した自民党の長尾敬衆院議員に手渡した。

 日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は「(合意を問題視する観点から)国会で取り上げる議員がいない。世界から、日本が獣のように残酷な国だと見られないようにしなければならない」と強調した。

 集会には約450人が参加した。

このニュースの写真

  • 保守系団体が「重大過失」と批判 都内で集会
  • 保守系団体が「重大過失」と批判 都内で集会

「ニュース」のランキング