産経ニュース

【北ミサイル発射兆候】破壊措置命令、安倍政権では非公表 「敵に塩を送るようなもの」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル発射兆候】
破壊措置命令、安倍政権では非公表 「敵に塩を送るようなもの」

北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射兆候を踏まえ、東京・市谷の防衛省敷地内に配置されたPAC3=29日夜 北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射兆候を踏まえ、東京・市谷の防衛省敷地内に配置されたPAC3=29日夜

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射の兆候を受け、中谷元防衛相は29日までに破壊措置命令を発令したが、政府は命令の有無を公表していない。第2次安倍晋三政権発足以降、非公表の姿勢を貫くのは、命令の公表が自衛隊の運用の手の内を明かし、北朝鮮を利することになりかねないからだ。

 「必要な対応はとっているが、具体的には事柄の性質上、コメントは控える」

 中谷氏は29日の記者会見でこう述べ、破壊措置命令の発令に関して明言を避けた。

 政府のこうした対応はこれが初めてではない。平成25年4月、当時の小野寺五典防衛相が北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、破壊措置命令を発令。政府は今回と同様の理由から、公表を避けた。翌26年4月にも、破壊措置命令が発令されていたとされる。

 政府は過去3回の破壊措置命令を公式に認めているが、いずれも第2次安倍政権の発足以前。この3回の発令は北朝鮮が発射期間や飛行コースを事前に予告していたこともあり、着弾ポイントや被害状況を予想することができた。しかし、近年の北朝鮮は事前予告なくミサイルの発射に踏み切る傾向が強く、自衛隊はより実戦に近いかたちでの対応を余儀なくされている。

このニュースの写真

  • 破壊措置命令、安倍政権では非公表 「敵に塩を送るようなもの」
  • 破壊措置命令、安倍政権では非公表 「敵に塩を送るようなもの」
  • 破壊措置命令、安倍政権では非公表 「敵に塩を送るようなもの」

関連ニュース

【北ミサイル発射兆候】破壊措置命令で自衛隊が迎撃態勢 防衛省内にPAC3配備

「ニュース」のランキング