産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】政府に言論弾圧要請? 民主ブレーン山口教授「公式見解に反したら処断を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
政府に言論弾圧要請? 民主ブレーン山口教授「公式見解に反したら処断を」

「立憲デモクラシーの会」のシンポジウムに出席し、発言する山口二郎法政大教授=東京都千代田区(撮影日10月30日)

 民主党のブレーンとされる山口二郎法政大教授が、日韓両政府が合意した慰安婦問題に関し、自身のツイッターに「安倍政権が自民党右派及びその背後の右翼の無知、偏見を的確に批判し、日本政府の公式見解に反することを厳しく処断することができるかどうかが問われる」と投稿した。民間の言論をも「処断」するよう政府に求め、言論の自由への抑圧を主張したとも受け止められかねない発言だ。

 山口氏は、日韓外相が慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決される」ことを確認した内容について、「日本の右派が韓国女性を誹謗中傷することも、不可逆解決に反する」との解釈も披露した。

 山口氏は、政権から陥落した民主党が再生を目指して設置した「改革創生会議」の議長代行として報告書策定の中心的な役割を担った。党の勉強会などでも講師として呼ばれることが多い。

関連ニュース

【「慰安婦」日韓合意】米、国際社会に支持訴え 両首脳の「勇気」称賛

「ニュース」のランキング