産経ニュース

次世代・江口氏が離党届 党名変更の検討に反発

ニュース 政治

記事詳細

更新


次世代・江口氏が離党届 党名変更の検討に反発

記者会見する次世代の党の江口克彦参院議員=17日午後、国会

 次世代の党の江口克彦参院議員が17日、離党届を中野正志幹事長に提出した。執行部は受理する方針。 江口氏の離党で同党は所属議員4人となり、政党要件の「5人以上」を割るが、昨年の衆院選比例代表で「得票率2%以上」の要件を満たしており、政党として存続する。江口氏は記者会見で、党名変更が検討されたことを離党理由に挙げた。

 江口氏は会見で、当面行わないとした11月の方針が中山恭子代表の強い意向で覆ったと主張。「独断強行に進められている事態は民主主義の党運営に反する。党内で『党名を変えるなら離党する』と言った責任はとらなければならない」と述べた。

 江口氏は、次世代が党名を「日本の心を大切にする党」に変えようとしていると説明。今後は他党入りも含めて検討する。

「ニュース」のランキング