産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】語り継ぎたいトルコの友情 自国を貶める歴史教育なんかより有益だ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
語り継ぎたいトルコの友情 自国を貶める歴史教育なんかより有益だ

 安倍晋三首相が主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席のため13日からトルコを訪れるのを前に、日本とトルコの合作映画「海難1890」(12月5日公開)の試写を見た。実話をもとに、時を超えた両国の友情と絆をしみじみと描いていて、感慨深い。安倍首相とトルコのエルドアン大統領は今回、一緒にこの映画を観賞する予定だ。

 物語は1890(明治23)年、和歌山県串本町沖で遭難したトルコの軍艦「エルトゥールル号」の乗組員らを地元住民らが懸命に救出し、自らの食料をすべて供出してまで助けた史実が一つ。

 そしてその95年後の1985(昭和60)年、イラン・イラク戦争に巻き込まれてテヘランに取り残された日本人二百数十人に対し、トルコが危険を承知の上で救援機を派遣し、自国民より日本人を優先して救出した出来事がもう一つの軸となっている。第三国であるトルコによる邦人救出は、「エルトゥールル号」の恩返しという理由もあった。

「ニュース」のランキング