産経ニュース

SEALDs、今度は「辺野古移設」で反対 会見で「民意無視の政府に怒り」

ニュース 政治

記事詳細

更新


SEALDs、今度は「辺野古移設」で反対 会見で「民意無視の政府に怒り」

国会内で記者会見する「SEALDs」のメンバーら=6日

 安全保障関連法に反対するデモを行ってきた学生グループ「SEALDs(シールズ)」が6日、都内で記者会見を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、安倍晋三政権の対応を「国民の声を無視して一方的に進めている」と批判した。

 記者会見にはメンバー4人が出席した。移設を進める政府と、反対する沖縄県の泥沼の対立が続く状況について「憲法の掲げる地方自治の原則を蔑(ないがし)ろにするものであるとともに、民主主義の根幹を否定する暴挙」などとする抗議声明を発表した。

 沖縄県出身で都内の大学4年の元山仁士郎さんは「安保法制も『辺野古新基地建設』も安倍政権が強行的に進め、自分たちが大切にしている自由と民主主義を損ねている」と述べた。

 沖縄県内の大学3年、玉城愛さんは「(仲井真弘多)前知事の埋め立て承認は県民の民意ではない。民意を無視する政府に怒りを覚える。自分たちの声は届かないのか」と訴えた。

 辺野古移設をめぐっては、沖縄県の翁長雄志知事が辺野古沖の埋め立て承認を取り消したのに対し、石井啓一国土交通相が取り消し処分の効力を停止。防衛省は移設作業を再開した。沖縄県はこれを不服とし、第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。

「ニュース」のランキング