産経ニュース

鎌倉市議会、韓国に邦人保護など求める意見書を採択 加藤前支局長の求刑受け

ニュース 政治

記事詳細

更新


鎌倉市議会、韓国に邦人保護など求める意見書を採択 加藤前支局長の求刑受け

10月19日、ソウル中央地裁に入る産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(左から2人目)ら(大西正純撮影)

 韓国の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)が韓国検察当局から懲役1年6月を求刑されたことを受け、神奈川県の鎌倉市議会は30日、韓国に対して邦人保護などを求める意見書を賛成多数で採択した。

 市議会によると、この問題に関して地方議会で意見書が採択されたのは全国初という。

 意見書では、韓国の一連の対応を「国際社会から大きくかけ離れている」と批判した上で、「日本政府は韓国政府に対して断固たる必要な措置をとって邦人を保護し、報道・言論の自由、ひいては表現の自由を保護するために国家としての責務を全うすることを求める」と強調した。

「ニュース」のランキング