産経ニュース

民主・岡田代表 シールズとの共闘に意欲 「新しい芽、良い関係築きたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民主・岡田代表 シールズとの共闘に意欲 「新しい芽、良い関係築きたい」

安保関連法に反対し、若者グループ「SEALDs」が開いた集会に集まった人たち=東京・渋谷

 民主党の岡田克也代表は27日の都内での講演で、安全保障関連法の反対運動を展開している学生グループ「SEALDs(シールズ)」について「新しい芽が出てきた。非常に注目している」と持ち上げてみせた。その上で「お互い尊重しながら良い関係を築いていきたい」と述べ、安保法反対を旗印に今後も連携を続けていく考えを示した。

 「安保法が成立したが、それで彼らの動きが鈍るという感覚はない。引き続き集会や街頭で学生が訴えている」とも指摘。民主党として来夏の参院選をにらみ、シールズとの共闘路線を維持することで、安保法反対の世論を喚起し続ける狙いがあるとみられる。

関連ニュース

「言論の自由に対して許しがたい」 シールズ・奥田さん殺害予告で明治学院大がコメント

「ニュース」のランキング