産経ニュース

ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

ニュース 政治

記事詳細

更新


ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

中国国旗を手に、南京大虐殺記念館を訪れる子どもら=5日、中国江蘇省南京市(共同)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は9日(日本時間10日未明)、中国が登録申請していた「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録したと発表した。「慰安婦関係資料」は登録されなかった。これらの決定は、新規登録の可否を判断する国際諮問委員会(IAC)が4~6日の審査結果として、ユネスコのボコバ事務局長に勧告され、ボコバ氏も追認した。

 「南京大虐殺文書」の登録によって、中国は国際機関の“お墨付き”がついたとして、歴史認識問題において新たな日本攻撃の材料を得ることになる。中国は今年、抗日戦争勝利70周年の記念行事を盛大に展開しており、今回の登録を成果として大々的に宣伝するとみられる。

 日本政府は中国からの2件の申請について、ユネスコ関係者に「ユネスコの政治利用になりかねない」として慎重な審査を求めていた。中国に対しても申請の取り下げを求めていた。

 中国外務省は昨年6月、国内の公文書館などが共同して南京事件と慰安婦に関する写真や日記などを申請したことを公表した。

このニュースの写真

  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査
  • ユネスコ、「南京大虐殺」を登録 「慰安婦」は却下 記憶遺産審査

「ニュース」のランキング