産経ニュース

安倍晋三首相 東京五輪までに「自動運転車」普及 科学技術のフォーラムで

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相 東京五輪までに「自動運転車」普及 科学技術のフォーラムで

「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)」で発言する安倍晋三首相=4日午前、京都市左京区の国立京都国際会館(志儀駒貴撮影)

 安倍晋三首相は4日、京都市内で開幕した「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)」の第12回年次総会であいさつし、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに、自動車の自動運転技術の実用化と普及を実現させる方針を明らかにした。また、科学技術分野で女性の活躍を後押しすることも訴えた。

 首相は「世界の平和と繁栄に積極的に貢献していくため、科学と技術の力をあらん限り用いなくてはならない」と指摘。「イノベーション(技術革新)が次々と起こる国に変える」と述べ、科学技術による国際貢献への意気込みを示した。

 技術革新の事例として自動車の自動運転を挙げ、地図情報の高度化技術などで日本が世界をリードすることに期待を表明。「2020年の東京には自動運転車がきっと走り回っている。ぜひ見に来てほしい」とアピールした。

 また首相は、SF作家、アーサー・C・クラークの「科学は発展すると魔術に似てくる」との言葉を引き合いに、「日本から『魔女』が現れるのを期待している」と語り、看板施策の女性活躍を科学技術分野でも進める考えを強調した。

関連ニュース

安倍首相 STSフォーラムでのスピーチ(要旨)

「ニュース」のランキング