産経ニュース

【緊迫・安保法案】自民・谷垣氏「強行採決の中で一番ラフだった」 野党の“ダイビング攻撃”などを痛烈に批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【緊迫・安保法案】
自民・谷垣氏「強行採決の中で一番ラフだった」 野党の“ダイビング攻撃”などを痛烈に批判

 自民党の谷垣禎一幹事長は18日午前の記者会見で、混乱した参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決について「やや、ややですよ、そのあたりが、今まで私が国会議員になってから、いわゆる強行採決の中で一番ラフ(荒い)だった。いささか問題ありと思う」と述べ、野党の対応を厳しく批判した。

 特別委の17日夕の法案採決は、採決を阻もうとする野党議員が鴻池祥肇委員長めがけて“ダイビング攻撃”を仕掛けたり、議事進行に必要な書類を無理やり奪おうとしたりして、大きく混乱した。谷垣氏は「物理的なフィジカルな力を使うとなると『言論の府』としていかがかと思う」と皮肉った。

「ニュース」のランキング