産経ニュース

成人「18歳」求める提言とりまとめ 酒、たばこの18歳解禁は見送り 自民特命委

ニュース 政治

記事詳細

更新


成人「18歳」求める提言とりまとめ 酒、たばこの18歳解禁は見送り 自民特命委

 自民党の成年年齢に関する特命委員会(委員長・今津寛衆院議員)は10日の関係部会との合同会議で、民法上の成人年齢を速やかに「18歳」に改め、少年法の適用年齢も「18歳未満」に引き下げるよう求める提言をとりまとめた。焦点の飲酒、喫煙の解禁年齢については、引き下げへの賛否を両論併記し、慎重に検討を続けることとした。

 当初の提言案では、飲酒、喫煙の解禁年齢は現行の「20歳」から「18歳」に引き下げることが「妥当」と明記していた。だが、前回の会議で健康被害などを理由に慎重な検討を求める意見が多く、特命委員会としての結論は見送った。

 少年法については、適用外となる18~19歳に一定の保護策を導入するよう求めた。ただ、公明党は適用年齢引き下げに慎重で、与党内での調整に時間を要する可能性もある。

「ニュース」のランキング