産経ニュース

【維新分裂】馬場、片山、柿沢の各氏を解任 松野氏が再編への環境整備 後任は新党参加組外す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【維新分裂】
馬場、片山、柿沢の各氏を解任 松野氏が再編への環境整備 後任は新党参加組外す

 維新の党の松野頼久代表は8日、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長が10月に結成する新党への参加を公言している馬場伸幸国対委員長と片山虎之助総務会長を解任した。新党参加組が辞任を求めていた柿沢未途幹事長も解任した。後任は新党参加組を外しており、今月27日の国会会期末を前に党の分裂が顕在化した。

 松野氏は安全保障関連法案に反対しており、民主党など他の野党と連携して内閣不信任決議案を提出する意向を示している。不信任案提出に反対する新党参加者を幹部から排除し、民主党などとの合流に向けて環境を整備する狙いがある。

 後任の幹事長には今井雅人政調会長、総務会長は小野次郎幹事長代理、政調会長には井坂信彦政調会長代理、国対委員長は牧義夫元厚生労働副大臣をそれぞれ充てた。人事は8日夕の臨時執行役員会で了承した。

 松野氏は臨時執行役員会後、記者団に「ごたごたしていた状態が続いていたので人事異動を行った。安保関連法案や不信任案などのヤマ場を執行部として一枚岩で乗り切れる態勢を組んだ」と意義を強調した。

 大阪選出の馬場氏は記者会見などで他の大阪系の11人とともに新党に参加する意向を示していた。片山氏は橋下氏から直接、新党への参加を要請され、受け入れる考えを示していた。8日午前の執行役員会では、維新に残留する今井氏らから馬場、片山両氏の辞任を求める声が上がっていた。

「ニュース」のランキング