産経ニュース

【政治デスクノート】これが同一人物の発言ですか? 沖縄・翁長知事の変節は、あの元首相と同じでは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
これが同一人物の発言ですか? 沖縄・翁長知事の変節は、あの元首相と同じでは…

米政府高官との会談後、記者団の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=6月3日、ワシントン(共同)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して、沖縄県議会で行われた議事録を読んでいると、次のような発言がありました。

 「沖縄の基地問題の解決には、訪米要請(注・県が組織した要請団による訪米)もないよりはいいでしょうが、むしろ訪米のエネルギーを日本政府にぶつけることによって大きな進展がはかられるのではないでしょうか」

 これは、最近の議事録ではありません。平成7年6月の定例議会で、発言者は自民党県議の翁長雄志氏。現在、沖縄県知事の翁長氏が、当時の大田昌秀知事に対して行った代表質問での一幕です。

 翁長氏は大田氏が基地問題を訴えるためとした2度の訪米はたいした成果がなかったとして、日本政府との協議を重視すべきだったのではないかと追及していました。

 さらに県議会の議事録をめくっていると、大田氏に続いて県政を担った稲嶺恵一県政時代にも、当時の翁長県議は立派な発言をしていました。

 平成11年10月の県議会の定例会で、普天間飛行場の移設問題を取り上げ、「私たちがなにゆえにこの県内移設を早期にやらきゃならぬかという見地に立ったのは、県全体の立場に立っての危険性の軽減であります」と強調していたのです。

 その翁長氏ですが、政府との協議を重ねる前の今年6月、約10日間の日程でハワイやワシントンを訪問し、辺野古移設反対を訴えました。

このニュースの写真

  • これが同一人物の発言ですか? 沖縄・翁長知事の変節は、あの元首相と同じでは…
  • これが同一人物の発言ですか? 沖縄・翁長知事の変節は、あの元首相と同じでは…
  • これが同一人物の発言ですか? 沖縄・翁長知事の変節は、あの元首相と同じでは…

「ニュース」のランキング