産経ニュース

【河野元衆院議長発言】(4)完「和解できないのは、日本の謝り方が違うから」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【河野元衆院議長発言】
(4)完「和解できないのは、日本の謝り方が違うから」

 河野洋平氏

 --村山富市元首相らとの記者会見での質問で、「なぜ現役にカムバックしないのか」というのがあったが

 河野氏「体力の問題もあるし、頭の回転も随分鈍くなった。今の若い政治家は、いろんなテクニカルな知識を持っている。あの知識を政治家としてちゃんとつくりあげる必要がある。それをやるのは、本当は本当は派閥だ。その派閥に政治家を教育する機能がなくなった。党としてそういう(若手を育成するような)ものを管理する能力がなくなった。

 最近驚いたのは、(稲田朋美政調会長が設置方針を示している)東京裁判を検証する会議をやるとことだ。これは明らかに修正主義といわれる。個人が個人的趣味でやるのはいいが、党の機関としてそういうものをやるとなれば、自民党という政権政党は修正主義のカラーを、種子を、種を持っていると思われても仕方がない。党として言っていいことと悪いこと(があり)、党の責任ある立場の人が言うのは非常にまずい。

 こんなことはどこかの段階で、それは個人的にやりなさい、党としてやるべきではないと注意する人がなければおかしい。

 それから、派閥の中で若い人が、随分と活発な議論をなさっているが、政治家としてそういう議論をすることの善しあしをもう少し考えなければダメだ、ということをもう少しいう必要がある。

「ニュース」のランキング