産経ニュース

【河野元衆院議長発言】(1)「安倍首相はおわびを言うべきだ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【河野元衆院議長発言】
(1)「安倍首相はおわびを言うべきだ」

 河野洋平氏

 河野洋平元衆院議長は13日夜のBSフジ番組で、安倍晋三首相が14日に発表する戦後70年談話に関し、「首相が『おわびを言わなくても分かるだろう』と言っても、言わなければ分からないという人もたくさんいる」と述べ、歴代首相談話と同様に「心からのおわび」を明確に盛り込むべきだとの考えを強調した。また、自民党の稲田朋美政調会長が、戦争指導者を裁いた東京裁判を検証する組織を設置する方針を示していることに関し「自民党は(歴史)修正主義といわれる」と批判した。主なやりとりは次の通り。

 --村山談話のときは「国策を誤り」という表現があり、「植民地支配と侵略」という言葉が入り、「痛切な反省」、「心からのおわび」ということが盛り込まれた。小泉談話からは、「国策を誤り」という言葉はなくなった。けれども、ほかの3つの言葉は継承された。メディアが憶測しているところでは「植民地支配と侵略」、「痛切な反省」というのは入るのではなかろうかと。「心からのおわび」というのも、ここもちょっとよく分からないという雰囲気の報道が飛び交っている。こういう言葉が入っているかどうかで、談話を評価すること自体いかがかと

「ニュース」のランキング