産経ニュース

礒崎氏「発言取り消す」と謝罪、公明は続投を容認 安保法案審議で野党はなお追及

ニュース 政治

記事詳細

更新


礒崎氏「発言取り消す」と謝罪、公明は続投を容認 安保法案審議で野党はなお追及

参院平和安全法制特別委員会で民主党の福山哲郎氏の質問に答え、陳謝する礒崎陽輔首相補佐官=3日午後、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

 参院平和安全法制特別委員会は3日、安全保障関連法案をめぐり「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎陽輔首相補佐官を参考人として招致した。礒崎氏は「発言を取り消し、関係者に心よりおわび申し上げる」と陳謝し、「首相補佐官としての職務に精励していく」と辞任を否定した。発言に不快感を示していた公明党は続投を容認したが、野党側は引き続き安倍晋三首相の任命責任と絡めて追及する構えだ。

 礒崎氏は「今回の法制は従来の政府見解の憲法解釈の基本的論理は変わっておらず、合憲性と法的安定性は確保されている」と述べた。その上で「安保環境の変化も議論しなければならないと述べる際に『法的安定性は関係ない』との表現を使い、誤解を与えてしまった」と釈明した。

 首相は同日の自民党役員会で「大変迷惑をかけた。法的安定性はもとより重視しており、誤解のないようしっかりやっていく」と陳謝。自民党の谷垣禎一幹事長は記者会見で「しっかり自身の立場を説明した」と謝罪を評価した。

このニュースの写真

  • 礒崎氏「発言取り消す」と謝罪、公明は続投を容認 安保法案審議で野党はなお追及

「ニュース」のランキング