産経ニュース

【参院合区成立】自民党・福井照議員「高知にお世話になった者として賛成しがたい」 公選法改正案の採決で退席

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院合区成立】
自民党・福井照議員「高知にお世話になった者として賛成しがたい」 公選法改正案の採決で退席

 自民党の福井照衆院議員(比例四国)は28日の衆院本会議で、参院で「鳥取と島根」「徳島と高知」の合区を含め選挙区定数を「10増10減」する公職選挙法改正案の採決時に退席した。記者団に「高知県にお世話になった者として、参院で(高知を代表する議員を)1人選ぶことができない状況を作る法案には、賛成しがたい」と説明した。

 党執行部に対しては「(合区対象県選出の参院議員を次期参院選で確実に当選させる)具体策を早急に出していただくようお願いする」と求めた。

 福井氏は平成12年から24年12月まで衆院選高知1区から出馬。衆院の定数「0増5減」で、高知と徳島がそれぞれ1減となったのを受けた党内調整で、26年12月の衆院選では比例四国で立候補、当選している。

「ニュース」のランキング