産経ニュース

【中国ガス田開発】中国の新たな軍事拠点化を警戒 レーダー設置なら米軍にも脅威 国際社会と認識共有

ニュース 政治

記事詳細

更新

【中国ガス田開発】
中国の新たな軍事拠点化を警戒 レーダー設置なら米軍にも脅威 国際社会と認識共有

 政府が22日、日中中間線の中国側海域で増設される海洋プラットホームの資料公開に踏み切ったのは、地下資源を確保する観点のみならず、東シナ海の新たな軍事的脅威になる可能性があると捉えているためだ。

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で資料を公表した理由について「(中国による)一方的な現状変更に対する内外の関心の高まりなどを総合的に勘案した」と説明した。東シナ海だけではなく、中国が岩礁を埋め立て、軍事拠点化を進める南シナ海の問題が、国際社会の脅威になっていることが念頭にある。

もともとは慎重

 もともと政府は「政府の活動状況や情報収集、外交交渉に支障を来す」(菅氏)として公表には慎重だった。しかし、日本を取り巻く安全保障環境は刻一刻と変わっていった。

 中国人民解放軍は東・南シナ海や西太平洋などで軍事演習を活発化させている。東シナ海に面した浙江省・舟山諸島沖の海域を21~23日、砲兵部隊の実弾演習のため船舶を航行禁止とした。19日には中国海軍のミサイル駆逐艦など3隻が沖縄本島と宮古島の間を抜け、西太平洋で演習を実施している。

「ニュース」のランキング