産経ニュース

【安保法案】「日本家」に延焼しそうになったら…首相テレビ出演、住宅火災の模型で集団的自衛権を解説

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法案】
「日本家」に延焼しそうになったら…首相テレビ出演、住宅火災の模型で集団的自衛権を解説

 安倍晋三首相は20日のフジテレビ番組で、日本や米国に例えた“首相肝煎り”の家屋の模型を使い、集団的自衛権が行使できるケース、できないケースなどを詳しく解説した。報道各社の直近の世論調査で安全保障関連法案に対する国民の理解がなかなか進まないことから、首相自ら分かりやすく説明したいとの思いがあったようだ。

 番組では「米国家」の母屋と離れ、「日本家」、火災の炎の模型が登場。首相は集団的自衛権の行使を火災の消火活動に例え、「日本家」から離れた場所にある「米国家」の母屋から出火した場合は「日本は憲法上、消しに行くことができない」と指摘。「米国家」の離れの炎が道路をはさんで隣接する「日本家」に燃え移ろうとしている場合には「日本の存立が脅かされるので、日本の消防士が消しに行くことができる」と説明した。

 また、重要影響事態における後方支援を念頭に「米国の消防士に安全な場所で日本の消火器を渡せる」とも強調。「自分が困ったときだけ国際社会が応援してくれると思うのは常識的ではない。安全保障でも相手の身になって考えるべきだ」と訴えた。

「ニュース」のランキング