産経ニュース

【新国立競技場】安倍首相、見直し表明へ、閣僚に指示 総工費縮減目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
安倍首相、見直し表明へ、閣僚に指示 総工費縮減目指す

新国立競技場のイメージ(日本スポーツ振興センター提供)

 安倍晋三首相は17日午後、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設計画について、2520億円に膨張した総工費の圧縮を含め抜本的な見直しを表明する。関係閣僚へ対応を指示し、19年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で新競技場を使うことを断念することも検討する。総工費は1800億円程度を目指す。複数の政府関係者が明らかにした。

 首相は表明に先立ち、東京五輪の大会組織委員会会長の森喜朗元首相と会談し、協力を要請。森氏は会談前に行われたBS番組収録で、「見直した方がいい。もともとあのスタイルは嫌だった」と述べ、計画見直しを容認した。

 現行デザインは「キールアーチ」と呼ばれる2本の巨大な弓状の鉄筋構造物が特徴。菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で「デザインそのものが大きな工事費につながっている」と述べ、工費縮減にはデザイン変更が必要だとの認識を示した。

 首相は森氏との会談後、下村博文文部科学相、遠藤利明五輪相を官邸に呼び、対応を指示した上で、記者団に見解を明らかにするとみられる。

「ニュース」のランキング