産経ニュース

【新国立競技場】安倍首相、2520億円の総工費縮減案検討指示へ 下村文科相と遠藤五輪相に対応策求める見通し

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
安倍首相、2520億円の総工費縮減案検討指示へ 下村文科相と遠藤五輪相に対応策求める見通し

 安倍晋三首相は17日午後、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設計画に関し、2520億円に膨らんだ総工費の縮減が可能か関係閣僚に見直しを指示する。首相はこれに先立ち、大会組織委員会会長の森喜朗元首相と会談し、建設計画や大会運営について意見交換する。

 首相は森氏との会談後、下村博文文部科学相と遠藤利明五輪相を官邸に呼び、工費削減が可能な対応策を検討するよう指示する見通し。

 首相は16日、総工費が当初見込みよりも膨れあがり世論の批判が高まっていることを受け、「国民の声に耳を傾けながら、東京五輪・パラリンピックが成功するよう万全の準備をしたい」と語っていた。

「ニュース」のランキング