産経ニュース

【安保法制衆院通過】安保反対を唱える民主の「不都合な真実」 肝心の世論は…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法制衆院通過】
安保反対を唱える民主の「不都合な真実」 肝心の世論は…

野党の緊急集会に臨む(右から)民主党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長、「生活の党と山本太郎となかまたち」の玉城デニー幹事長=16日午後、国会内(長尾みなみ撮影)

 「国民の支持を増やし、参院で廃案に追い込んでいこう」-。安全保障関連法案に反対して16日の衆院本会議の採決をボイコットした民主、共産、社民各党。国会内の民主党控室で開いた合同の抗議集会で、民主党の岡田克也代表は「世論」を味方につけて、参院審議では野党共闘を構築することを呼び掛けた。

 岡田氏は本会議前の党代議士会で「2カ月前と比べ法案反対は10ポイントぐらい増え、10ポイントぐらい賛成が減った」と述べ、報道機関の世論調査を根拠に政府を批判した。だが、岡田氏は、ある「不都合な事実」には触れなかった。

 民主党は安保法案への反対闘争で、「国民の皆さんの大きなうねりと連動して闘っていきたい」(枝野幸男幹事長)と期待するものの、現実はシビアだ。主要報道機関の世論調査では、6~7月の民主党支持率は7~10%。法案が審議入りした5月より減少した調査結果さえある。安倍晋三内閣の支持率は下落傾向だが、肝心の自党の支持率が低空飛行を続けている。

「ニュース」のランキング