産経ニュース

来日中の米連邦最高裁、ロバーツ長官「司法での日米交流継続を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


来日中の米連邦最高裁、ロバーツ長官「司法での日米交流継続を」

記者の質問に答える米連邦最高裁のジョン・ロバーツ長官=10日午後、最高裁

 日米の司法をめぐる課題に関する意見交換などのために来日している米連邦最高裁のジョン・ロバーツ長官が10日、最高裁を訪れ、寺田逸郎長官と共同会見した。ロバーツ長官は「最高裁だけではなく、裁判所全体や研修機関などで日米交流を継続していくことが重要。お互いから学習することが両国の利益になる」と述べた。

 9日に東京大で講演し、来週には京都大で学生や若手裁判官向けの講義を行う予定で、「日本の若い方々が、米国の司法制度にどのような意見を持っているのかを聞くことを楽しみにしている」と語った。

 寺田長官は「両国が交流の基礎固めをできたことはアジア地域のこれからにも有意義なことだ」と評価した。

 最高裁によると、米連邦最高裁長官の来日は昭和56年のウォーレン・バーガー長官以来、34年ぶり。

このニュースの写真

  • 来日中の米連邦最高裁、ロバーツ長官「司法での日米交流継続を」

「ニュース」のランキング